微笑みの国と象

タイのチェンマイに6日間ほど行ってまいりました。きっかけはイタリアのビジネスウーマンでもあり、タイの象使いでもあるRyeさんのご紹介。Maesa Elephant Camp での象使い一日コースに友人と参加しました。最初から象の背中に乗せてもらって、合間合間にお世話にという名で私たちが象に遊んでもらっていました。私の乗った象は11歳のPang Kwan という男の子。まだやんちゃでとても可愛い子❤️象は本当に賢くてフレンドリーで、象...

11/19ー26出張のお知らせ

11/19ー26はタイに出張の為、ご連絡およびお仕事をこの期間はお休みさせていただきます。Wi-Fiが入らない可能性が高いためあらゆるご連絡も帰宅後となります。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。...

フィレンツェの美しい変な生き物たち

4/14に二週間のイタリア出張から帰国しました。前半はボローニャの展示会、後半はVenezia観光を少しと Firenze に滞在しました。最後にゆっくりしたフィレンツェは10年ほどまえ三ヶ月ほどの短期滞在&個展をしていたことがある、懐かしい街です。一番の観光スポット(ウフィツィ美術館やアカデミア美術館)は除いて、ピッティ宮やバルジェッロ国立美術部に行ったりしていました。私が特に好きなフィレンツェの美術はグロテスク様...

3/31-4/14出張

2017/3/31-4/14まで海外出張のため、電話連絡はとれません。ボローニャ国際絵本見本市にブース出展予定です。期間中メール返信はできると思われますがお返事は遅くなる可能性があります。(ポートフォリオ作成中)その後のお仕事は受付ております。ご不便おかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。...

宮古島滞在  生きている不安がない

海と空に溶けている。ここで息を吸って吐いていると、生きていることに不安がなくなる。宮古島に滞在して、4日目。街では生きていくことが、毎日不安だ。命がいつも脅かされている気がして、必死に働き、動き、飾り、防御する。それはお金になり、名声になり、ファッションになり、名誉になる。ストレスを減らすための作業にも必死だ。しかしそもそも「生きている」とはそんなに力を入れなければいけないことなのか。死なないため...